2019年12月07日

バッキー meets 小西康陽&野宮真貴

バッキー meets 小西康陽&野宮真貴

90年代に2度のワールドツアーを敢行するなど、一世を風靡した「ピチカート・ファイヴ」。

12月の第1週、ピチカート・ファイヴのメンバーである小西康陽&野宮真貴の2人に一気に会ってしまったという話です。

東中野のDJイベントに登場した小西康陽さん。
そして六本木のBillbord LIVEのステージに登場した野宮真貴さん。

2人とも素晴らしいパフォーマンスで夢のようなひと時を楽しませてくれました。

では、そのハッピーな時間のおすそわけをどうぞ!



posted by バッキー☆大坂 at 23:46| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私を構成する9本「ブレードランナー」

だいぶ前に立ち上げたものの、ほったらかしになってたシリーズ「私を構成する9本」。第1回「ストレンジャーザンパラダイス」第2回「2001年宇宙の旅」第3回「シャイニング」に続いて(ひっさしぶりに)ピックアップするのは「ブレードランナー」(1982年)


あえて公開当初のポスタービジュアルで。
う〜ん、実に80年代っぽい\(^o^)/

映画「ブレードランナー」(1982年)


ちなみに「私を構成する9本」として用意したのはこちらのラインナップ!
20160410231045308.jpg
改めて見ると、世代を感じる(汗)。そして映画好きなら割とフツーに通る道じゃね?ww


と思いつつ、これはこれでやるよっ!


というわけで、SF映画の金字塔。ブレランについて話します!

posted by バッキー☆大坂 at 21:08| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

激ヤバ変態バンド現る!「ニガミ17才」



ここ数年で出会った中で最もヤバいバンド「ニガミ17才」。

初めて聴いた時から、最初のわずかなフレーズでハマって頭から抜けなくなったくらいのインパクト。

てなわけで、そんな彼らのライブに行ってきました!

今回は #ニガミ17才 そのものの紹介と、ライブの様子をお送りします!





Podcastもくじはこちら


posted by バッキー☆大坂 at 23:43| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

クリトリック・リス 奇跡の日比谷野音ワンマン

パンツ一丁のおっさんが日比谷野音に魔法をかけた!

クリトリック・リスの日比谷野音ワンマンは予想をはるかに超えた大盛況\(^o^)/

IMG_20190420_173533_487.jpg

チケットを手にしてから、もうこの日が待ち遠しくて
思わず会場でこの満面の笑み。

でも、会場はそんな人が一斉に集結!
多幸感ハンパない奇跡のワンマンになりました!

って、クリトリック・リスって誰よ?
とか、
このおっさん、そんなにスゴイの?

って思ったら、ぜひお聞きください\(^o^)/





Podcastもくじはこちら


posted by バッキー☆大坂 at 22:54| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

【追悼・内田裕也】音楽作品編

IMAG5965.jpg

前回に続いて、今回も内田裕也さんの追悼企画!

内田裕也の残した音楽作品について紹介したいと思います。

内田裕也Rcock'n Roll葬で、マチャアキさんが言っていたように
裕也さんにはヒット曲がありません(笑)

ちなみに、内田裕也Rcock'n Roll葬にも行ってきました!
IMAG6208.jpg

そうなんです。そもそも、僕が内田裕也という人を映画で知り
ロックンローラーだって言われてるけど、
どんな曲歌ってるのか当時全然わからなかった。

そして、やっと裕也さんのアルバムを見つけて
いざ聴いてみると…

今回は、そんなお話です。




Podcastもくじはこちら





posted by バッキー☆大坂 at 23:41| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

【追悼・内田裕也】映画作品編

【追悼・内田裕也】映画作品編

今回は内田裕也さんの追悼企画として、
映画人としての内田裕也について紹介したいと思います!

いろんな人が「ROCK」って口にするし
他にも「ROCK」な人ってたくさんいるけど
内田裕也にしかできなかった「ROCK」っていうのが間違いなくあって
それがわかるのが裕也さんの主演映画。

水のないプール
十階のモスキート
コミック雑誌なんかいらない

3部作とも言える、この中のどれか1本観るだけで
内田裕也にしかできない「ROCK」の何たるかがわかるはず!

そして、それ以前や2000年代の裕也さんの映画についても語っちゃいます。

ではどうぞ!



Podcastもくじはこちら


posted by バッキー☆大坂 at 23:04| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

親愛なる内田裕也さん、今までありがとう!

内田裕也さんに捧ぐ

オレに多大なる影響を与えてくれた #内田裕也 さんが亡くなりました。

例えて言うなら、疎遠だったけどずっと気にかけてた親父が亡くなったような気分です。

誰に教えてもらったわけでもなく、10代の時にいきなり映画を通じて存在を知って、それからずっと自分の価値観に大きな影響を与えてくれた人。それがオレにとっての内田裕也という人。

自分はそうなりたいなんて思わないし、本当に身内だったら、めんどくさくて厄介でたちの悪いクソジジイなんだろうなって思うけど、その分あまりに愚直で正直で素直な人だったんだと思います。

10人が10人に共感してもらえる人じゃないけど、映画では他の人が絶対やらないようなことを表現した人だし、少なくともオレには大きな爪痕を残してくれた人で、初めて知った時から今もずっと「何でオレ、あんな人に惹かれちゃったんだろう」とは一度も思ったことなく愛すべきクソジジイ。オレにとってのロックってやっぱりこの人です。

そんな裕也さんに愛と感謝を込めて、今の思いを徒然なるままに語ってみました。



#シェケナベイベー!
#ロケンロール!
#今、Rockがやれること
#Rockを捨てた豚なんて撃つ気になれねえよ
#ジンジャーエールはジュースじゃねえ
#熱海だよ、君。熱海。ね。


posted by バッキー☆大坂 at 23:49| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

第46回 NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL

内田裕也 Presents「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」
ひさびさに参戦してまいりました!

181231-01.jpeg

やばい!本当にめちゃくちゃ楽しかった!

シーナ&ロケッツとの年越しカウントダウン!

そして「もしかしたら今、伝説を観てるのかもしれない…」そう思わずはいられない内田裕也の奇跡のステージ。

めちゃくちゃカッコイイ陣内孝則のTH eROCKERS。

神セトリの頭脳警察に、カイキゲッショクと鮎川誠コラボなど、とにかく見どころ満載過ぎて最高の年越しになりました!

そんなライブの様子をどうぞ!



Podcastもくじはこちら


posted by バッキー☆大坂 at 14:51| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年総括!【その2】

毎年恒例!1年を振り返るトークの【後半】です。

2018年もたくさんのフェスやイベントに行ってきました!
数えてみたら40近くもライブに行ってました。

【後半】18年9月〜12月
9/2(日)夏の魔物フェス、9/15・16 氣志團万博、9/21(金)向井秀徳、9/23(日)SOUND JUNCTION(RHYMESTER、きゃりーぱみゅぱみゅ他)10/6(土]沢田研二、10/26(金)けやき坂46×きゃりーぱみゅぱみゅ、11/23(金・祝)シーナ&ロケッツ、12/6(木)ZAZEN BOYS、12/8(土)きゃりーぱみゅぱみゅ、12/9(日)大森靖子、12/14(金)シーナ&ロケッツ、12/29・30ジャパンカウントダウン

というわけで、後半もいってみようっ!



Podcastもくじはこちら


posted by バッキー☆大坂 at 14:26| Comment(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする